日光の自然と文化、そして中禅寺金谷ホテルに惚れた旅(๑′ᴗ‵๑)

こんにちは、神道を浸透!初瀬保公映(はつせほ・きみえ)です。先週末は日光旅行に行って参りました(๑′ᴗ‵๑) あと一ヶ月で横浜の単身赴任が終わる父が「日光にいってみたい!」ということで。美しく、楽しく、美味しい旅でございました。今回はそのレポをば!朝9時半ごろ北千住から東武日光駅に向かいます。電車賃1300円ぐらいだったかなぁ。日光まで結構安くいけることにビックリ。

東武日光に到着したのが11時半ごろなのでまずはお昼ご飯を、ということでこちらで湯葉うどんを頂ましたヾ(*´∀`*)ノ うっかり写真を撮るのを忘れてしまいましたがとっても美味でしたよ。関西風の上品なうどん出しに、しっぽり炊かれた大きな生湯葉が載っていておいしかった~。

2

うどんを食べただけなのに、なんと店主さんのご好意で手作りの水羊羹までいただいちゃいました。これもあっさりで美味でした(๑′ᴗ‵๑)

1

続いて東照宮に向かう道すがら、一筆龍のお店へ。

3

一筆龍が見事な迫力でございました。この一筆龍にヒトメボレした父、黒地に金の龍を書いてもらってお買い上げ♪

4

テクテクあるいて、輪王寺へ。改装中の三仏堂を拝観しました(๑′ᴗ‵๑) 改装中でちょっとごちゃごちゃしてたんだけど、普段は見れない屋根上からの景色なぞ見れて満足。

9

そこからお隣の日光東照宮へ。東照宮も全体的に改装中で普段のお姿が見れない状況だったのですが、端々に豪華絢爛さを見ることができました。こちらは陽明門の隅っこ。荘厳じゃのう~!

ただ、東照宮は流れ作業的に案内されてあんまり落ち着いて参拝できず…。ちょっと残念!!

6

お神酒授与所があったので拝見してみると、こんな感じで色んなタイプの形のお酒が販売されてました(๑′ᴗ‵๑) 神社のお酒でこんなに瓶の種類があるのはめづらしい。

7

この金杯に惹かれて父とおそろいで購入~ヾ(*´∀`*)ノ

11

続きまして、東照宮からテクテク歩いてお隣の二荒山(ふたらさん)神社へ。下野国・一の宮なり(๑′ᴗ‵๑) 東照宮からは徒歩5分ぐらい。二荒山神社では、

・大己貴命(おおなむちのみこと)
・田心姫命(たごりひめのみこと)
・味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)
の三柱の神様がお祭りされています。田心姫さんは宗像三女神のお一人ですね。
三人姉妹でおまつりされてていることが多く、田心姫さんがこういった形で単体で他の神様と一緒になってるのって初めてみました(๑′ᴗ‵๑)

二荒山

二荒山は、なんだかキラキラして気持ち良かった(๑′ᴗ‵๑) 東照宮と二荒山神社はすぐ隣にあるのに神社の雰囲気が全然違って面白かったです。東照宮はキリっとしていて、二荒山はおだやか~ほんわか~な印象を受けました。東照宮と違って、ゆっくり参拝できたので心行くまで神様とお話することが出来ました。

田心姫さんから頂いたメッセージはこんな感じ(๑′ᴗ‵๑)

もっと、もっともっと貴方の人生を楽しんで良いのですよ。
躊躇せずもっと沢山のことを受けとって良いのです。
豊かさも喜びも美しさも。
 
あなたの中に、無限にあるものをもっと楽しみ
受けとり循環させていきましょう。

わーん、田心姫さんありがとうございます!

10

二荒山神社の中の神苑では、こんな感じの素敵なところからお水取りができます。ペットボトルを持参しなくても、すぐ隣のカフェで容器を購入できますよ。とっても美味しいお水でしたヾ(*´∀`*)ノ

12

こうして二社一寺を巡ったあとは、近くの焼き芋カフェで冷えた体を温めまして、それから母が気に入った器やさんでまったりお土産選びをしました。後は、三猿や龍の形の人形焼などを購入!

この日は、中禅寺金谷ホテルにお泊り。バスでお宿に向かいます。東武日光駅から50分ほどかけてイロハ坂をウネウネ進みようやく中禅寺金谷ホテルに到着!

13

ロビーの暖炉が素敵(๑′ᴗ‵๑) なんとなく、石上神宮の七支刀みたいな形してるな…と感じました。中禅寺金谷ホテルは、日光の中心地から50分ぐらい離れているのでとっても静かで、宿泊客もお年を召した方が多くて落ち着いています。心底のんびりリラックスできるホテルです。

そこからディナーを頂きまして(お高級な雰囲気で写真を撮るのがはばかられたのでお写真なし)、厳選かけ流しの温泉に浸かってこの日は就寝。非常によいお湯でした。

14

翌朝もディナーと同じレストランで朝食を。このレストランが、中禅寺湖が目の前で素敵なのです。雪景色を湖と木立のコントラストが素敵でした(๑′ᴗ‵๑)

モーニングでは、オムレツをチョイス。

16

この、ぷっくりとしたオムレツ。中はとろとろでとっても美味じゃ~(๑′ᴗ‵๑)

1517

金谷ホテルといえば、ベーカリーが有名ですよね。モーニングではたくさんパンが出てきて満喫しました。

もんのすごく偶然なんですが、この中禅寺金谷ホテルにて母の会社の同期の女性にばったり遭遇!なんとその方は、中禅寺金谷ホテルが大好きでもう50回以上通っているそうな。「15年以上、年に3回ぐらい三泊四日で宿泊している」そうで(๑′ᴗ‵๑) 確かにこちらのホテルは、そんなにはまってしまうほど素敵なホテルでした。落ち着いていてゆっくり奥日光の魅力を堪能できまする。私も年三回ぐらい、こちらのホテルに長期ステイしたいっ♪

18

朝、火入れの前の暖炉。上に真っ赤な紙垂(しで)が置かれていました。たぶん、火伏せの神様としておまつりしてるのかなぁ。ちなみにこちらの暖炉は1992年に出来たそうで、その時は二荒山神社のご神火が灯火されたそうです。

 

20 21

ロビーには真っ赤なお花と雛壇。

22

記念に一枚。中禅寺金谷ホテル、本当に素敵でファンになっちゃいました。こんなに好きになれる印象深いホテルに出会ったのは初めて(๑′ᴗ‵๑)また来たいなぁ!

さて二日目はまず立木観音へ。

23

最寄のバス停までバスで移動し、そこから徒歩20分ほど。お天気にも恵まれ快晴なりヾ(*´∀`*)ノ 中禅寺湖と、山々と雲のコントラストが美しい。

24 25

途中、ベルギー大使館やフランス大使館の横を通ってテクテク歩きます。道が凍っていて何度かこけそうになりました(笑)

29

ようやく立木観音に到着!本当はこちらで公開されている吉祥天さまを拝観したかったのですが冬季は公開中止で見れず残念。

しかし、こちらの十一面千手観音さまがとってもすばらしかったヾ(*´∀`*)ノ 日光最古の仏像とされるこちらの十一面千手観音さまは、なんと現在も地に根を張った状態だとか。立木に観音様を彫った、から立木観音様なのですね~♪ もともとは、立木に千手観音様が彫られた状態だったのを、源頼朝公が脇侍として四天王像を寄進し今の配置となったそうな。

こちらの十一面千手観音様を参拝してると、「もしかして、十一面観音って松果体にある受信機を現してるんじゃ…??」と思ったり、何より千手観音様のエネルギーがドドド~っと入ってきて背中に42本の手が生えた気になったり(笑) とってもパワフルなエネルギーを感じました。いまだに根を張っているって、すごいですな(๑′ᴗ‵๑)

27

立木観音さまから見た中禅寺湖。

28

こちらが男体山!修験道の山だけあって、上るの大変そう。でもいつかチャレンジしたいなぁ(๑′ᴗ‵๑)

りんごほっぺ

ちなみにこのときの気温はマイナス4度!!首からしたの防寒はバッチリしたので寒くなかったものの、顔がさむい…。。耳がもげそうでした。3回ぐらい吹雪かれた時は、生まれて初めて「寒さでいたい」っていうのを感じました。

頭かみ

たしかに相当さむかったのだけど、シーズンオフなせいか人出も少なく落ちついて奥日光を堪能できました。雪の日光も素敵じゃ(๑′ᴗ‵๑) 今度は首から上もしっかり防寒(帽子・耳当て等)してくれば万全だっ!

この後は華厳の滝へ。流石に名瀑だけあってすごい迫力だったのですが、私の中では藤村操の印象が強すぎてちょっとしんどくなっちゃいました。多分寒さで体が冷えていたのでなんか拾っちゃったんだろうな。なのでお写真も省略~。

この後は、東照宮のふもとの日光金谷ホテルへ。

31

明治時代の女性旅行家・イザベラバードも宿泊した由緒あるホテルです。

32

ランチはこちらでビーフカレーをば。大きなビーフが5切れも入っててボリューム満点ヾ(*´∀`*)ノ カレーもスパイスが香りコクがある、でもあっさりしていてとっても美味でした。

そこからまたしばしお土産をかうためにぷらぷらして、東武日光から東京に帰りました。

今回の一泊二日の日光旅は美味しい、楽しい、そして美味しい!ことばっかりの素敵な二日間。一泊ではまだまだ行けてないところもたくさんあるので、もっともっと日光を極めたい!そして色んな時期の日光を堪能したい!と思ったし中禅寺金谷ホテルにもまた泊まりたいです(๑′ᴗ‵๑)

 

~講座・イベントのお知らせ~

◆3月12日(日)9時30分~13時
本気のグラウンディング講座
https://www.facebook.com/events/233563197097340/

◆4月1日(土)10時~13時
シャランさんをゲストに、
「チャンスをとらえて、【奇跡の引き寄せ】をするプリンセスになるには!
http://www.tsukiten.net/tpa.html

◆4月8日(土)~9日(日)
魂が洗われる霊島・宮城の金華山にて本気の金華山ツアー!陸奥国一の宮・塩竈神社参拝つき♪
http://misumaru0069.com/?p=1324

 

Comment

コメントを書くにはログインが必要です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。