何から始めたらいいのか?神道入門にオススメな本のご紹介(๑′ᴗ‵๑)

こんにちは、神道を浸透!初瀬保公映(はつせほ・きみえ)です。

今回のテーマは「神道入門にオススメな本」。最近、「神道を学びたいけど何から手をつけたらいいのか…??」という質問を頂いたので入門編としてオススメな本をまとめました。

前提として、もともと神道には教典がないです。何故かというと神道には「言上げせず(ことあげせず)」という考え方があったから。大切なことは、文章として残すのではなく秘事口伝で伝える・在り方で伝える、という大前提がありました。

しかし仏教の影響が非常に強かった平安末期、「末法思想」が流行ります。簡単に言うと西暦1052年から、仏陀の教えが効かなくなり世が終わるという思想でこれを受けて自殺往生の思想も流行りました…。現代で言うとノストラダムスの大預言の、もっと過激バージョンといったイメージでしょうか。

そうして世が乱れた平安末期に、伊勢の神官達が立ち上がり「末法思想で世が終わるわけがない、人間の魂とは本来もっと清らかなものだ」ということを伝えるために神道の教えを明文化します。そうやって成立したのが神道五部書といわれる伊勢神道における5つの根本経典です(๑′ᴗ‵๑)

逆に言うと、それまで神道には根本経典がなかった。そして神道五部書が成立した後も教義の明文化が発展することはあんまりなく。
まぁ、神道というのは「感じる宗教」、そして日々のあり方を実践してナンボの宗教、と言えるので体系化した教義が発展しなかったんだろーなーと私は思います。いろんなものが複雑に絡み合っていて、説明しづらい。それに「神道」という言葉自体、仏教と比較するために明治時代にようやく出来た言葉ですから。それぐらい神道的な在り方というものが、昔の日本人にとっては当たり前のことだったんだろ~なぁと私は感じています。

だから、今の世で神道に興味を持った方が「何から学べばいいのやら」と迷うのもごく当たり前のことかと。とは言っても現代ではわかりやすい本も沢山あるので、私のオススメを紹介してみますヾ(*´∀`*)ノ ピン!と来たものがあればぜひ読んでみてくだされ。

まずは、オーソドックスな神社本の中から2冊をご紹介。

2

1)神社と神様がよ~くわかる本/藤本頼生 著
昨年、安房の国・一の宮である安房神社を参拝した時に神社内の休憩所に置かれていた本です。手にとって読んでみるととてもわかりやすくてAmazonで即ポチっとしました♪ 國學院の先生が書かれている本で、神社とは何か?ということが簡潔にわかりやすく書かれていて、図解も多いので入門編としてとてもおススメです。

2)日本人なら知っておきたい神道/武光誠 著
上述の1冊目よりは、ちょっとアカデミック色が濃い神社本で、日本の歴史とともに神道というものがどう変化して来たか、というのがわかりやすく書かれています。何度読み返しても「へぇーっ、そうなんだ!」という発見がある深い本です。
多少とっつきにくい感があるかもしれませんが、この1冊に書かれている内容を自分にインストール出来ればかなり深い神道理解が進むなぁと感じています。

続きまして、THE☆王道、古事記&祝詞の解説本の中のおススメ。

3

3)あなたを幸せにする大祓詞/小野善一郎 著
湯島天満宮権禰宜の小野先生による大祓詞の解説本です。大祓詞が5回に分けて深く、わかりやすく、熱く語られています。神道をイノチのあり方、として感じられるといいますか、神道を客観的な学問として捉えるのではなく、己のあり方として取り入れること大切であるというのが心底学べる本です。何と言ってもこの本の魅力は小野先生による熱い、熱い、熱い~!解説CD。

なんと言いますか…松岡修造なみの熱血さで大祓詞・神道・日本人の精神性が語れています。このCDをかけるだけで、部屋の体感温度が多分3度ぐらい上がるのではないかと(笑)それぐらいエネルギーにあふれた解説CDで、元気がないときにきくと元気になります。

4)日本を元気にする古事記の「こころ」/小野善一郎 著
3)の大祓詞の本と同じく、小野先生の著作です。古事記についてこれまた深く、わかりやすく、熱く書かれています。
小野先生は東京を中心とする日本各地で、古事記&大祓詞の勉強会を開催されていらっしゃいますので機会があればその勉強会に参加されると小野先生のパワーをより体感できるかと存じます(๑′ᴗ‵๑) 私も小野先生の古事記&大祓詞勉強会に約3年ほど通っていまして日々学ばせて頂いております。
私が通っているのは代々木の神社本庁で開催されている勉強会で、詳細はこちらのリンクからご参照下さいませ。
http://www.nihonbunka.or.jp/seminar/detail/100108

小野先生は、いつも「神道を学ぶならまず、風雪に耐えたものを。」とおっしゃいます。長い間風雪に耐えた古事記や大祓詞を学ぶことで、ご自身の中で神道の軸が出来ると思いますので古事記&大祓詞からの神道アプローチ、というのもとてもおススメです。

最後に、とっつきやすい漫画からのご紹介!

4

5)アマテラス/美内すずえ 著
ガラスの仮面の著者・美内すずえ先生による、神道&スピリチュアルの世界をわかりやすく纏められた漫画です。漫画ということもあって、深い考察ながらとてもわかりやすい。特に古事記の冒頭部分が解説されている段など、日本国民全員にコピーして配りたいぐらいのわかりやすさ!(実際には著作権があるからそんなこと出来ませんが…)

ちなみに、「倭姫幻想まほろば編」は私の大好きなヤマトヒメさんをテーマにした巡礼記でヤマトヒメさんの足取りがファンタジー的にですがわかりやすく書かれています。

でも…本編もまほろば編も、何年も続きが書かれておらず。。。続きの展開が非常に気になるところでプチっと切れてるんです(´;ω;`)
ガラスの仮面の続きも止まったままですが、アマテラスの続きもとても気になるところです。美内先生、早く続きを出してぇぇえ!!!そして、アマテラスは本編もまほろば編も新品がもう売っておらず、どちらも中古でしか入手できない模様です。購入したい方は、Amazonからネット購入するかBOOKOFFなどの中古店で探すのが良いかと存じます(๑′ᴗ‵๑)

以上が、神道入門として私がおススメする本なり。根底になる知識があれば、より神社参拝も楽しめると思いますし自分の神様ブレンドもより感じやすくなるのではないかと。本に書かれていることをベースにしつつも、ただ鵜呑みにするのではなく「本当にそうかな?」とご自身で検証しながら神道ライフをより探求していく一助となれば幸いです(๑′ᴗ‵๑)

なお、神道の根本である大祓詞をわかりやすく学びたい!という方のために私も随時、祝詞勉強会を開催しております。次の大祓詞勉強会は3月26日(日)、詳細はこちらをご参照くださいませ!
http://misumaru0069.com/?p=1398

~講座・イベントのお知らせ~

◆3月12日(日)9時30分~13時
本気のグラウンディング講座
https://www.facebook.com/events/233563197097340/

◆4月1日(土)10時~13時
シャランさんをゲストに、
「チャンスをとらえて、【奇跡の引き寄せ】をするプリンセスになるには!
http://www.tsukiten.net/tpa.html

◆4月8日(土)~9日(日)
魂が洗われる霊島・宮城の金華山にて本気の金華山ツアー!陸奥国一の宮・塩竈神社参拝つき♪
http://misumaru0069.com/?p=1324

Comment

コメントを書くにはログインが必要です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。