あおによし、奈良をぷらりプチ旅。薬師寺&垂仁天皇陵に行ってきました。

こんにちは、神道を浸透中!神道の教えてを広めて清清しく生きる人を増やしたい、初瀬保 公映(はつせほ・きみえ)です。

先週末、ぷらっと奈良の薬師寺&垂仁天皇陵に行ってきました。今回はそのレポをば。ココのところずっと~薬師寺の薬師如来さんにお会いしたかったのです(๑′ᴗ‵๑)

まずは薬師寺へ。何も計画せずに行ったのですがちょうど開門の8時半に到着。なにやら、写経が当日申し込みでもできるようで写経を申し込むと薬師寺の入場券も付いてくるそうな。

心を落ち着けたいなぁという気持ちもあったのでせっかくですし写経を体験させていただくことに。ちなみに写経&薬師寺入場券で2,000円でした!写経はこちらのお写経道場にて。

係りの方が流れや作法などを詳しく案内してくださりました。まずは、会場入り口にて丁子(ちょうじ)を口に含みます。

 

この丁子は、お写経の間ずっと噛まずに口に含むことで心身を浄化すると考えられています。実際にちょっとピリッとした風味で気持ちが引き締まりました(๑′ᴗ‵๑)

係りの方に「自分のテーブルの様子を写真にとってもいいですか?」と質問すると、「あまり音がでないようにしていただければ撮ってもOKです」と教えていただいたので、私のテーブルをパチリ。お写経会場はとても広くて、私が使わせていただいた正座タイプのお席の他にもテーブルで椅子に座って体験できる席も沢山ありました。写経には一時間ぐらいかかりますし、両方えらべるのはありがたいですねヾ(*´∀`*)ノ

ちなみに市販品の墨汁を使用するのではなく、自分で硯(すずり)を使ってゆっくり墨をねることからはじめます。このひと時が、より心を落ち着かせてくれたように感じます(๑′ᴗ‵๑)

一時間ほどかけてゆっくり取り組み、無事完成!出来上がった写経はお香で清めた後に、薬師寺に奉納します。

写経を終えで道場の外にでると快晴の空が広がっていました。玄奘三蔵院伽藍と、青空とお坊さんの後ろ姿。絵に描いたような美しさ。

さて、いざ薬師寺へ!ちょうど食堂にて「平成の至宝展」を開催していたので覗いてみました。

ちょうど10時半から特別な法要が営まれるらしく、人!人!人!!

普段は撮影禁止の堂内ですがこの日は特別に前面撮影可能だとアナウンスがあり、「仏様をバックに~お写真を撮っていただいても構いません~!!」と連呼されてました…確かに有難いことなんだけどそういわれると風情がないぜ。。。と思ってそそくさと退散。

気を取り直して西塔へ。西塔からなんか出てる??みたいな不思議な空。

そしていざ、今回の一番目的である薬師如来さんがいらっしゃる金堂へ(๑′ᴗ‵๑) お堂の中、薬師如来三尊像のすぐそばにゆっくり座れる椅子がありそちらに30分ぐらい座ってしっぽり薬師如来さんとお話しました。慈愛のエネルギーが凄くて、自然と涙がこぼれてくるひと時。日曜ですが、そんなに混んでなかったので心ゆくまでゆっくりできました。

金堂内も撮影禁止なので、薬師如来さんの写真は撮れませんでしたがポストカードを購入したので、そちらをパチリ。こんな、一見厳しそうにも見えるけれども穏やかな薬師如来さんでした。

この後は、薬師寺から歩いて25分ほど。垂仁天皇陵にも足を伸ばしました。

第11代垂仁天皇のお墓です。今の伊勢の場所を定めた倭姫さんは、こちらに眠る垂仁天皇の第四皇女に当たります。何か展示物でもあるかなぁと思ったのですが、守衛室みたいなものがある以外は特に何もなく。「もうちょっと、垂仁天皇の功績とかわかるようにすればいいのにぃ」と思いつつこちらを後にしました。

お腹すいたな~なんか美味しいもの食べたいなぁ~と思いつつ駅に向かっていると、なんとも美味しそうなお団子やさんがヾ(*´∀`*)ノ 近鉄尼ケ辻駅前にある「きなこだんご たまうさぎ」さんです。

お話をきいてみると店内でもいただけるということで、3本お願いしました。1本77円!なんともお買い得なお値段。肝心のお味はというと、搗き立てのお餅がやわらか~く美味しく、黄な粉の風味も抜群でとっても美味しかったです(๑′ᴗ‵๑) 何本でも食べれそうな美味しさでした!

ぷらっと思い立って行ったプチ奈良旅でしたが、お天気にも恵まれ清清しいすてきなひと時を過ごすことができました。奈良は、全体が大らか&朗らかなエネルギーで、素敵なスポットが多くていつも魅了されます。またゆっくり、奈良を満喫したいものです。お天気もいい時期になりましたし、ぜひぜひ皆様も奈良に足を運ばれてみてはいかがでしょう??

 

2017-09-17 | Posted in お寺巡礼No Comments » 
Comment

コメントを書くにはログインが必要です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。