What’s “Wakemitama” ~ワケミタマって何?~

What’s “Wakemitama” ~ワケミタマって何?~

Hello,my name is kimie (๑′ᴗ‵๑)
I’m Japanese and I love Japan. My misson is to make Japanese Shinto popular among all over the world and contribute to bringing peace in the world.

So I would love to tell WHAT’S SHINTO.
This time I’ll explain “Wakemitama”, written in Chinese characters as “分け御霊”.
Literally translated,these Chinese characters denote “Separated spirits”. Then what does this mean?

To understand the nature of “Wakemitama”,first you need to realize that for Japanese, spirits can be divided into any number.
It’s just like flame of a burning candle.

Now please imagine one brightly burning candle and one candle which haven’t caught fire yet.
And in your imagination, light the candle using the burning candle so that both of them catch fire.

Then how do you think?
Don’t you think the fire is same?
Certainly candle itself is not same however the fire is one and the same.

In the concept of Shinto, holy spirits of kami(Shinto deity) can be split eternally just like the fire of candles mentioned above.
And we also think that spirits separated from multitudinous Kami,reside in human beings ourselves.
Come to think of it the spirits in us is same to Kami, we are holy existence as Kami.
To speak more clearly we are kami which have body.

This is the general idea of “Wakemitama” based on Shinto.

It was difficult for me to capture in words the concept of “Wakemitama” in English, but I did my best!
It will be my pleasure if you like this article.

こんにちは、キミエです。
私は日本人で日本が大好きです。日本の神道を世界中に広め、世界平和に貢献することが使命だと思っています。

というわけで「神道とはなんぞや」を伝えたいのです。
今回は「ワケミタマ」についてご説明します。漢字で書くと「分け御霊」。
漢字を文字通り直訳すると「分けられたタマシイ」となりますがこれはどういう意味でしょうか。

「分け御霊」の本質を理解するためにはまず、日本人にとってタマシイはいくつにでも分けられるものである、ということを理解しなければなりません。例えるなら燃えるロウソクの炎のようなものです。

まず、赤々と燃えているロウソク1本と、まだ火がついていないロウソク1本をイメージして下さい。
そしてイメージの中で、燃えているロウソクを使って火の付いていないロウソクに火をつけて下さい。これで両方のロウソクに火が灯りました。

そしてどうでしょう?それって同じ炎だと思いませんか?
確かにロウソクは違うロウソクですが、炎は全く一緒です。

神道では、神のタマシイというものは上で述べたロウソクの炎と同じように無限に分けることが出来き、それと同時に八百万の神から分れらたタマシイというものが、私たち人間に宿るのだと考えます。
そう考えると私たちに宿るタマシイは神と同じものであり、私たちは神と同様に神聖な存在なのです。
もっとはっきり言うと私たちは体のある神なのです。

神道の「分け御霊」とは大体こういう考え方です。

「分け御霊」を英語で説明するのは難しかったですが最善を尽くしました!この記事がお気に召していただければ幸いです。

isonokami

2016-10-31 | Posted in what's Shinto., 学び, 日々の徒然No Comments » 
Comment

コメントを書くにはログインが必要です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。